読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子竜の年代記

同人関係に限らず、レビューや雑記とか。

エロゲーは「売って終わり」じゃもったいない!

 久しぶりにブログ更新したと思ったらなんだこの記事は……と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

自分の考えを整理する意味もあって勢いで書いてしまいました。

 

さて、私のツイッターをよく見ていただいている私はご存知かと思いますが、私はエロゲーをよく購入してプレイしています。

最近のエロゲーはどれもイラストのクオリティが非常に高く、またキャラクターも魅力的です。そんなキャラクターたちが躍動するシナリオ、それらを盛り立てる音楽やグラフィックなど、今やエロゲーのクオリティは恐ろしく高いものになっているのではないかと考えています。

 

しかし……しかし、だからこそ思うのです。

エロゲーエロゲーだけで終わってしまうのは、非常に寂しいものだ、と。

 

ゲームをプレイしている間、私は前述のとおりそのゲームに没入し、そのシナリオを、グラフィックを、音楽を堪能します。

素晴らしい作品に触れると、私の中に強い熱量が生まれます。それは、「このゲームはすごく楽しめた」といった感想であったり、「こんな話を自分も書いてみたい」という願望であったりさまざまです。

ですが、ひとたびその全シナリオをクリアしてしまえば、それ以降新たに得られるものはありません。

「ゲームなんだから、終わりがあるのは当たり前だ」というのは、確かにその通りなのですが……。

これは、最近私がいわゆる運営型ソーシャルゲームをプレイしていて、継続的にコンテンツが供給されるから余計に感じることなのかもしれません。

 

エロゲーを購入して、隅々までプレイをして、感慨に浸って、人によってはレビューなんかも書いちゃったりして……そうして盛り上がったら、その作品はもうそこで終わりなのです。

たまにシナリオを読み返したり、シーン鑑賞したりすることがあったとしても、それは同じことを反芻しているだけで、新しいものを得ているわけではありません。

そのとき燃え上がった熱は、その場限りのもので。燃料を得られない炎は、やがて立ち消えてしまう。

 

私は、それを非常にもったいないと思うのです。

 

私がそう感じる要因のひとつに、「事後の宣伝活動が乏しい」というのがあると考えています。

最近のエロゲーブランドのツイッターアカウントなどを見ていると、作品の発売前には

・フォロー&リツイートキャンペーン

・発売前イラストやボイス、動画、体験版の公開など

・発売当日の記念イベント(お渡し会など)

といった宣伝活動を活発にされているのに、いざ発売すると「発売中!」という定期的なツイートばかりになり、事後の宣伝活動、事後の展開が事前に比べて圧倒的に不足していると感じます。

私はエロゲー業界の人間ではないので詳しい事情は知らないのですが、ラノベや漫画などと同様に予約や発売初週の売上を重視されているのかなあと思っていたりします。

 

上記をまとめると、「作品の発売がゴールになっているのではないか? 本当にそれでいいのか?」というのが、今のエロゲーについて思うところです。

 

と、自分の仮説をまとめたところで。

ここからは、私の「こうあってほしい!」という個人的な願望を書き殴ったものになります。

 

◆スピンオフシナリオの公開

本編のネタバレにならない程度のスピンオフシナリオ(前日譚など?)を公開することで、

・ゲームをプレイした人が世界観を更に楽しむことができる

・ゲームをプレイしていない人に興味を持たせ、ゲーム本編の購入を促す

効果が期待できると考えています。

広く知られることが重要なのでWebでの無料公開が前提になるかと思います。原稿料は広告収入や本編の売り上げ増加分でカバーするしかないですね……。

 

◆有料アペンドパッチの発売

ファンディスクという形態はよく知られていると思いますが、ファンディスクは基本的にミドルプライス~フルプライスの大がかりなもので、制作には時間がかかったり費用がかかったりします。よほどの人気作でもない限り、ファンディスクが出ることはそうそうありません。

そこで、ミドルプライスよりも更に安価な本編のアペンドパッチで、シナリオを補強するという手段を考えました。

よくあるのは追加キャラクターやサブキャラクターのヒロイン昇格シナリオでしょうか。個人的には後者があると嬉しいですね。

2/9(木)21:15追記:この考えは新規獲得というよりも既に購入しているユーザーに対する追加施策ですね。自分の考えを思うまま書いていたら説明が不足していました。申し訳ありません)

 

実現可否については各ブランドの考えによるところもありますし、しょせん門外漢が描いた机上の空論なので難しいところはあると思うのですが、私が希望しているのは「ゲームの発売後も継続的にコンテンツを提供することで、既存ユーザーの熱量を持続させ、新規ユーザーを獲得し、ブランドのファンを増やす」というものです。

 

これは、昨今のマーケティング事情でいうところの「コンテンツマーケティング」に近い考え方です。作品の販売目的に限らず、様々な情報を発信することによってユーザーの興味を引き出し、ブランドに興味を持ってもらう、あるいは結果的に作品を買ってもらうというもので、即効性はないのですが継続的に効果を発揮していきます。

この考え方は、エロゲーに限らず今後重要になってくると考えています。機会があればブログ記事にでも書きたいところです。

 

新作として月末に発売され、その週のうちに大多数が購入されたとしても、作品はその後も店頭に並びます。売れればお金になります。初週の売り上げも重要ですが、その後も少しずつでも手に取る人が増え、ブランドを知る機会が増えることは、後の新作を手に取る人が増えることに繋がり、結果としてブランドとしての成長に結びつく力になると考えています。

 

近年はエロゲーブランドも増え、 毎月多くの作品が出るようになりました。その結果、ユーザーの奪い合いになり、初週に狙いを定めた戦略が顕著になり、発売した作品をフォローするよりも新作を作って発売した方が有効になってきたのかもしれません。

その傾向自体についてはこの記事でどうこうはいいませんが、ひとつひとつの作品が使い捨てのようにすぐに消えていくのではなく、長く楽しめるコンテンツとなることを願ってやみません。

 

最後に。仮定ばかりで根拠の乏しい記事になってしまいました。記事の内容に誤りや問題などございましたらご指摘いただけますようお願いいたします。

目指すはライトノベルの「王道」―サークル「涼風郡」と鞍馬子竜の進む道

「私が書きたいもの、表現したいものはいったいなんだろう?」

 

私が同人小説をまともに書き始めたのは2011年の1月から。気づけばもうすぐ6年が経とうとしています。

これまでいくつもの小説を書き、小説同人誌を頒布してきたわけですが、最近ふと基本的な問いに立ち返ることがあります。それが、冒頭の問いなわけです。

 

小説を書くのは大変です。小説を書くのは好きですが、書き上げるまでには相当な時間や労力が必要になります。もちろん、これは小説に限らず全ての創作活動に言えることですが。

そうしてでも書きたいものは何か。具体的にはいくつかあるのですが、それらを一つにまとめると「読んで楽しいと思える、ライトノベルの王道」となるでしょうか。

 

・魅力的なキャラクターたちが織りなす友情やラブコメの楽しさ

・息が詰まるほど熱いバトルシーン

・胸を打つシリアス

・主人公たちが壁を乗り越えようとまっすぐに立ち向かう熱い姿勢

・それらを乗り越えた果てにある読後の清涼感

 

文字にすると単純ですが、実際に書いてみると本当にこれらを満たすことができているのか? と疑問に思うことがしばしばあります。ですが、心持ちとしてはこれらを十分満たせるようなものを書きたいと意識しています。

特に、最後に挙げた「読後の清涼感」というのは、私のサークル「涼風郡(すずかぜのこおり)」というサークル名に込められた想いでもあります。私の書いた本を読んでいただき、これらを感じていただけるのならこれに勝る喜びはありません。

 

 

これは余談ですが。

自身の創作にかける想いややりたいこと。それをサークルの、個人のコンセプトとして前面に押し出すことは、その人の作品に興味を持つかどうかとって割と重要な要素じゃないかと思います。

今後も隙あらば自分語り……ではなく、創作に関するあれこれを記事にしてみたいなーと思っています。

それでは。

じゃぶじゃぶマイドアリ!2合わせ 小説組版支援のお知らせ

やっとまともな記事を書ける……。

 

さて、私が現在ドハマりしているゲーム、フラワーナイトガール(FLOWER KNIGHT GIRL - オンラインゲーム - DMM.com

のオンリー同人誌即売会フラワーナイトガールオンリー同人誌即売会「じゃぶじゃぶマイドアリ!」(通称:じゃぶマイ)」、その第2回の開催が告知され、サークル参加申し込みが始まりました(何度見てもド直球のイベント名ですね……)。

 

私は第1回のじゃぶマイに参加したのですが、予想を上回るご参加をいただき誠にありがとうございました。

まだまだ花騎士熱は冷めないので、ぜひ第2回のイベントにもサークル参加したく考えています。

 

それに際して、ツイッターで以下のような告知を出させていただきました。

本来、組版作業というのはそれなりに時間や手間のかかるものであり、たとえば現在組版に使用しているAdobe InDesign CCなどは使用するのに月額2,000円くらいかかる代物です。労力と環境を提供する以上、こうした組版作業というのは有償で請け負う……というのが通常あるべき姿です。

しかし、今回私は作業の目標を「サークル主様が無事に小説本を頒布できるようお手伝いする」という一点に絞ることで、そのあたりの労力をある程度削減し、無償で請け負うことができるようにしました。

 

で、なんで急にそんなことを言い出したのかといいますと。

前回のじゃぶマイの際、小説本を頒布物の中心とするいわゆる小説サークルは当サークルだけでした(TAKTO先生のサークルでSS本がありましたが、おまけ本ですし主要な頒布物はイラスト本なので小説サークルの枠にはあたらないと思います)。

まだまだ発展途上のジャンルですし、致し方ないこととは思っています。が、今まで東方や艦これといった小説本の多いジャンルで小説本を頒布してきた身としては、こう、寂しくてですね……。

「じゃぶマイにサークル参加したいけど、同人誌の作り方ってよくわからない……」といった方がもしいるようであれば、その方の抱える不安を解消し、自信を持ってサークル参加できるようお手伝いしたい。それによって小説サークルの参加を増やし、花騎士の、ひいては花騎士二次小説ジャンルの活性化に繋がればという一心でした。

 

非常にクオリティの高い公式小説も発売されていますし、重厚な世界観を表現するのに小説という媒体は非常に優れています。なにより、小説には小説の魅力というものが存在していると私は常々考えています。

ですので、私としてはこの花騎士二次小説というジャンルをもっと盛り立てていきたいと考えています。その第一歩として、今回の組版支援を発表させていただきました。

ツイッターhttps://twitter.com/shiryu_tcg)のDMやメール(kurama.shiryu@gmail.com)等でお気軽にご相談いただければと思います。

 

今後も何かしら企画を発表する機会があれば随時ツイッターやブログで告知させていただければと思います。

ブログに書くことがないというブログ記事

ひっどいタイトルだなあ……。

 

基本的には発信したい情報はほとんどTwitterでつぶやいているので、あえてブログで書くこともあまりないです。

 

一応、同人活動の中でやってることとか、使ってるものとか、紹介しようと思って立てたものではあるんですが……うちみたいな実績のない人が書いて果たして役に立つのかと思うと、なかなか手をつけられずにいます。

それでもいずれ書こうとは思いますので、お待ちいただければ幸いです(欲しいと言われると早く出てきます)。

 

「こんな情報を教えてほしい」等ありましたら、書ける範囲で書いていきますので、コメントなりTwitterのリプライなりで教えていただければと思います。では。

初投稿です

はてなブログを始めてみました。

自分のHP内にWordPressをインストールしてブログを立てるつもりでしたが、全く知識がないところから作り始めてたらあまりに時間がかかると思ったので適当なブログサービスを選んだ感じです。

 

このブログでは同人活動に関する情報はもちろんのこと、自分のツイッターのタイムラインで話題になっているニュースへの雑感や、読んだラノベ・プレイしたエロゲなどの感想を書いていければと考えています。感覚としてはツイッターの延長線上かと。

 

ちなみに、本ブログで私が書く記事は私という一個人の主観によって作成されるため、必ずしも事実に基づいた正確な内容であると断言できないことはご理解ください。

記事の内容に関する異論・反論は「あって当然」と考えています。もしかしたら大きな誤りがあるかもしれません。そういったものがありましたら、ぜひコメントやツイッターのリプライなどでご指摘ください。内容を確認させていただき、必要に応じて記事の修正、削除などの対応をさせていただきます。

 

長々と書きましたが、どうせすぐ飽きると思いますので()生暖かい目で応援いただけますと幸いです。